第二種電気工事士 おすすめ テキスト

第二種電気工事士 筆記試験合格のためには……

受験生

「電工2種の筆記試験って難しいだろうな……」

 

あなたは試験に対して不安を抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

 

事前に課題が公表される実技試験とは違い、筆記試験の出題範囲が広く、電気に関する基礎的な知識がないと合格は難しいと思われがちです。

 

たしかに独学で勉強するとなると、どこが出題されるかわからないので、ポイントをおさえた学習ができませんよね。

 

以下の表をご覧ください。

 

年度 受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
平成18年 68332 38897 56.92% 40397 30308 75.02%
平成19年 73295 42786 58.37% 42983 30919 71.93%
平成20年 79345 43237 54.49% 43406 30285 69.77%
平成21年 94770 63620 67.13% 63253 44006 69.57%
平成22年 98600 58935 59.77% 59011 43094 73.02%

 

 

実技試験の合格率はかなり高いですよね。平成18年から問題があらかじめ公表されるようになってから合格者が増えたのです。

 

一方、筆記試験はどうでしょう。
実技試験に比べたら合格率は低いですよね。

 

毎年、筆記試験で悔しい思いをしている人がなんと多いことでしょう。

 

第二種電気工事士【筆記試験】に合格するためには、いかに少ない時間で効率的な勉強法ができるかがカギとなるわけです。

 

では、どんなテキストを使用して、どのような勉強法を実践すれば合格できるのでしょうか。

 

 

次のページへ進む